パノラミスの副作用にはどんなものがあるの?

パノラミス錠 通販 価格 パノラミス超小型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス小型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス中型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス大型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス超大型犬用

パノラミスの副作用にはどんなものがあるの?

 

どんな薬もそうですが、投与した後の副作用が気になりますよね?パノラミスもどんな副作用が出るのか気になるところです。

 

パノラミスの副作用は、投与後まれに嘔吐、下痢、無気力、心因性の痒みが見られることです。

 

パノラミスの成分の1つであるスピノサドが胃や十二指腸にある消化管粘膜刺激受容体を刺激することによって末梢性嘔吐を起こしてしまいます。なぜ刺激するのでしょうか。スピノサドがこの消化管粘膜刺激受容体にくっ付いてしまうからなんです。パノラミスを犬に服用させる際に少量の食餌を与える理由は、スピノサドがこの消化管粘膜刺激受容体にくっ付つくのを防ぐためでもあるのです。

 

余談ですが、スピノサドを成分とする薬にコンフォティス(製薬会社はパノラミスと同じイーライリリー社)という飲むノミマダニ薬があります。この薬もパノラミスと同様に副作用として嘔吐が見られることがあるので、犬に投与する際にはフードか何かを少し食べさせてから与えます。

 

パノラミスはフレーバー錠とは言え薬ですから、おやつを与える感覚で空腹時に服用させないで下さいね。強い薬ではないのですが、パノラミス錠だけを飲ませてしまうと嘔吐する頻度が上がってしまいますし、嘔吐することによって薬剤の吸収不良が起きてしまいますから、飲ませるときは十分に注意してあげてください。投与の際に食餌を少し与えるのはパノラミスの効果を最大限に発揮させるためでもあるのです。

 

 

参考:パノラミス添付文書

 

ノミダニ予防の飲み薬パノラミスの副作用は?