パノラミスを投薬する前に必ずしておくべきこと

パノラミス錠 通販 価格 パノラミス超小型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス小型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス中型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス大型犬用
パノラミス錠 通販 価格 パノラミス超大型犬用

パノラミスを投薬する前に必ずしておくべきこと

 

パノラミス錠 フィラリア

パノラミスを犬に飲ませる前に必ずしておくべきことって何かわかりますか?パノラミスだけではありません。フィラリア予防薬全てに言えることです。そう、フィラリア検査です。毎年、フィラリア予防薬を飲ませ始める頃になると動物病院でフィラリア検査をして貰っていると思います。過去に行ったフィラリア検査で陰性だったからと言って、今年やこれからもフィラリア検査をする必要が無いことは全くありません。書き方がややこしいですよね。とにかくフィラリア検査は毎年する必要があるんです。フィラリア予防薬の投与はフィラリア陰性が条件です。

 

 

パノラミス錠 フィラリア検査

毎年毎月定期的にフィラリア予防薬を飲ませていたとしても、実は愛犬が薬を上手く飲んでくれていなかった、薬を飲ませ忘れた、飲ませる間隔が空いてしまったなどの理由でフィラリアに感染していることがあるんです。犬に感染能力のあるフィラリア子虫(ミクロフィラリア;mf)を有した蚊の吸血によって犬の体内にmfが入ってきます。定期的に飲ませるフィラリア予防薬は、この体内に入ったmfを駆虫しますが、先述した理由などでフィラリア予防薬の飲み忘れがあった場合、mfが成長して最終的に犬の心臓内でフィラリアの親虫となります。

 

 

フィラリアの親虫が雄と雌が揃っていると、やがて交尾して子虫(ミクロフィラリア)を血中に産み出します。ここで犬の血液を少し採ってフィラリア検査を行えば、フィラリア陽性との検査結果が出ますから、フィラリア予防薬を飲ませないで済みます。でも、愛犬がフィラリアに感染していることを知らないでフィラリア予防薬を飲ませてしまうと、ショック死してしまうことがあります。このような理由から、フィラリア検査は毎年必要なんですよ。

 

パノラミスを購入する